新着情報

中古一戸建て住宅の魅力

中古一戸建て住宅の数が増えています。これは住宅を購入する世代である20代後半から30代の数が減少しているとともに、老人が一戸建てを手放すことが理由になっています。一戸建て住宅を購入する場合はおよそ7割の人が新築一戸建てを希望しています。中古一戸建てを購入する人は3割程度です。中古一戸建ての人気が今一つの理由は、素人が見てもその価値がよくわからないからです。実際に中古住宅に付けられている価格が腑に落ちるようになるにはかなりの数の中古住宅を見て回らないと分からないのです。

中古一戸建ての維持費や取得費用

中古一戸建ては新築から1日でも経てば中古ですから、すでにその住宅の価値は下落しています。したがって、新築日から日にちが経てば経つほど価値は下落しますが、すでに1日でも経過している以上は、新築よりは数百万円ほどは価値が下落していると考えることが必要です。 中古一戸建てでは、いつ建てられたのかにもよりますが、維持費も相応にかかります。故知資産税が特に負担が重く、しかも毎年課税されるものですので、その負担軽減をどう考えていくのかが問われます。まとめて支払わなくても納期限が決められて分割で支払えるようにはなっていますから、納期内の分割払い等で対応をしていくのが現実的でしょう。 まとめて納税をしても分割で納税をしても、得に割引等はありません。納税したらそれで終了です。 維持費以外でも取得費用も相応にかかります。ただし、購入費用そのものは新築から1日でも経てば中古ですから、その価値が下落している事を踏まえて業者と話し合うことは可能でしょう。つまり、交渉の余地がないとは言い切れません。購入を行うことについて相談を行うなど、適切な話し合いの中で進めていくことで、購入者に有利な状況が生まれる可能性は出てきます。

八街 中古住宅 3065 6/4

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建ての維持費や取得費用.